持続可能な賃貸経営を。SDGsを目指す賃貸経営

【営業時間】10:00~18:00 【定休日】火・水曜日

2021年04月10日

持続可能な賃貸経営を。SDGsを目指す賃貸経営

多くの企業が取り組むSDGsとは

SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略で17の大きな目標と、それらを達成するための具体的な169のターゲットで構成されている国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標です経済や自然環境、社会の在り方など、これらの各項目にさらに10程度の詳細目標が設定されています。大事なポイントは、これから2030年に向けて、この目標に合わせ社会が動いている、ということです。

SDGsで変わる賃貸経営の未来

こういった取り組みに、賃貸オーナー様も事業家として、敏感に対応されている方もいらっしゃると思います。17の項目のうち、『1.貧困をなくそう』『3.すべての人に健康と福祉を』『5.ジェンダー平等と福祉を』『11.住み続けられるまちづくりを』『12.る責任つかう責任』『17.パートナーシップで目標を達成しよう、といった項目は、オーナー様の賃貸経営に今後影響す項目になってくることが予想されます。

①入居者ターゲット:高齢化、所得の2極化、世帯の多様化(ジェンダー含め)、にどう対応していくのか?入居者との関係性をどう作っていくか?

②物件の老朽化 くなってきた物件でどう住環境を守るのか?今・今後の入居者に合わせた物件づくり。住みやすい環境づくり。今の物件を維持するのか、建て替えるのか?

③パートナーシップ :変化の多い時代に一人の力で賃貸経営を成功させるのは難しい。入居者をはじめ、仲介会社・管理会社・リフォーム会社・建築会社・士業・行政・・・、地域の中でどうコミュニケーションをり、パートナーシップを深めていくか?

 
ここ
20年の変化と同様に、時代に合わせて賃貸経営の在り方も変化しています。ぜひ、今後の経営の未来を考えるきっかけにしていただければと思います。 

ページの先頭へ